SOCIAL 持続可能なもの作りを目指して。

【お取扱い期間】5月29日(水)~6月3日(月)※最終日は午後5時閉場

世界各国の伝統工芸を取入れたもの作りを続けるブランドを紹介。どのアイテムからもブランドのアイデンティティを感じられるものばかり。伝統を未来へ紡ぐ活動に共感してみませんか?

素材はインド伝統のサリー。
すべて二つとない柄の出方。

ニューヨークを拠点に活動するデザイナー・ミエコミンツ氏。サリーを幾重にも重ね、刺し子を施したインドの伝統工芸「カンタ(刺し子)」のテキスタイルを使ったワンピースやジャケット。サリーを重ねることで生まれる色のコントラストや大胆なデザインに、ブランドの個性を感じる。

img_2week_095

インド・ベンガル地方で続く伝統工芸「カンタ」。小さな村に暮らす女性たちが、サリーに1点1点、刺し子を施し手作業でカンタを作り上げていく。ステッチの確かな技術とソフトな仕上がりは唯一無二。

img_2week_096
img_2week_097
ベスト110,160円、ジャケット71,280円※ハンドメイド仕立てのため、柄の出方などは一点一点異なります。/ミエコ ミンツ

アフリカから届く、
大胆なテキスタイル柄のバッグ。

img_2week_098

ウガンダのシングルマザーの就職支援など、社会的ミッションの実現を目指すウガンダ発、日本人の親子によってスタートした〈リッチー・エブリディ〉。大胆なアフリカプリントを使用したバッグは多彩な柄が魅力。クラッチやショルダー、トート、ハンドバッグの4WAY仕様。
バッグ(大:W38×H40×D10cm)12,960円・(中:W32×H35×D10cm)11,340円・(小:W30×H31×D9cm)10,260円/リッチー・エブリディ

img_2week_099
トランスペアレント・ポーチも色柄豊富にラインナップ。
ポーチ(W33×H22.5cm)3,024円/リッチー・エブリディ
img_2week_0991
ウガンダの直営工場で働く現地のスタッフ。バッグやポーチはウガンダ女性の手で一つひとつ丁寧に手作りされる。〈リッチー・エブリディ〉では現地の雇用を支えるだけでなく、よりよいものを作るため技術提供も行うなど、持続可能なもの作りにも貢献。

シルバーと繊細なビーズが
涼やかな夏の装いにマッチ。

img_2week_09

ブレスレット(ターコイズ、コーラル、ピンク)各5,940円/チカ

img_2week_091

バングル(シルバー)31,320円/チカ

img_2week_093
アジアに暮らす女性たちにより一つひとつ手作りされる〈チカ〉のアクセサリーは、手作業ゆえの温もりと繊細さが感じられる。不揃いなシルバービーズと、ターコイズやコーラルなどの天然石がアクセントの華奢なブレスレットは女性らしく手もとを華やかに彩る。
チェンマイの職人が、純度の高いシルバーを何度も叩きながら作りあげたバングルも揃います。